【NFTクリエイター応援企画】おすすめのNFTアート作品 akaoni.eth (赤鬼👹)さん編

パグ
パグ

こんにちは。パグです。

今回はNFTクリエイターを紹介する記事を書きたいと思います。

話題のNFTアートを多くの方に知っていただきたい、伸び悩んでいるクリエイターの皆様の役に立ちたいという思いから今回の企画を思いつきました。

第3弾はakaoni.eth (赤鬼👹)さんです!

akaoni.eth (赤鬼👹)さんの作品が気になる方はこちらへ

まずは簡単なプロフィールから書きたいと思います。

プロフィール

・日本妖怪シリーズのNFTアートを販売

・2022/2/6より販売を開始

・作品数は200人以上(60人以上が売却済)

ではいよいよakaoni.eth (赤鬼👹)さんの魅力に迫っていきましょう!

akaoni.eth (赤鬼👹)さんの魅力

・作品数とシリーズの充実度

・コンセプトと価格がはっきりとしている

・今後の物語に注目

作品数とシリーズの充実度

まず1つ目は作品数とシリーズの充実度です。

この企画をするにあたって様々なNFTクリエイターの方を拝見しましたが、akaoni.eth (赤鬼👹)さんの作品数の充実度には驚きました。

現在の作品数は100人を超えています。

興味のある方はじっくり選んで自分の好みの作品を探してみてください!

また、シリーズも充実しています。

NFTクリエイターの方の中には1つのシリーズを展開している方も多いですが、akaoni.eth (赤鬼👹)さんは現在3シリーズを展開しています。

メインテーマは日本妖怪シリーズですが、それらを様々なイラストやコンセプトで展開しています。

akaoni.eth (赤鬼👹)さんの作品が気になる方はこちらへ

コンセプトと価格がはっきりとしている

2つ目はコンセプトと価格がはっきりしている点です。

先程も記述したようにakaoni.eth (赤鬼👹)さんは現在3シリーズを展開しています。

今回は3つのシリーズを簡単に解説したいと思います。

展開している3つのシリーズ

・CryptoPunks風の妖怪が欲しい方は妖怪パンク(0.01ETH)

・可愛い女性の妖怪が欲しい方は妖怪ガールズ(0.02ETH)

・3Dドットの妖怪が欲しい方は妖怪ヴォクセル(0.015ETH)

それぞれ特徴の全く異なる作品ですので、自分好みの作品を探しましょう!

また、価格もシリーズごとで固定されている点も購入する側にとっては非常に助かります。

akaoni.eth (赤鬼👹)さんの作品が気になる方はこちらへ

今後の物語に注目!

3つ目は今後の物語に注目です。

現在3つのシリーズを展開していますが、その他にも今後イベントや物語が追加されそうな予感がします。

「奇数月の8日は妖怪の日」となっています。作品の所有者に何か良いことがあるかも!?

また、それぞれのシリーズの一次購入者の方には限定特典があるそうなので、詳しく知りたい方はakaoni.eth (赤鬼👹)のTwitterをご覧ください!

akaoni.eth (赤鬼👹)さんの作品が気になる方はこちらへ

NFTアートの購入方法

この記事を読んでakaoni.eth (赤鬼👹)さんの作品を購入したいと思った方も大勢いるかと思います。

ですので、今回は簡単にNFTアートの購入方法を教えたいと思います。

①仮想通貨取引所の口座開設

NFTアートを購入するうえで、仮想通貨の口座は必須になります。

NFTアートの売買の多くがイーサリアム(ETH)という仮想通貨を利用するからです。

作品を購入するために、まずは仮想通貨の口座開設をしましょう。


私のおすすめはコインチェックになります!

もちろんコインチェックでは、イーサリアムの売買も可能となっています。

コインチェックがおすすめの理由は以下の3つです。

・初心者向けの記事が充実

・500円から購入可能

・運営が上場企業の子会社で安心

口座開設は「無料かつ10分ほどで簡単にできる」ので、忘れないうちにしておきましょう!

コインチェック公式サイトはこちら

パグ
パグ

口座開設は審査に1週間以上かかる場合もあるので、早めにすることをおすすめします。

更にコインチェックを詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

コインチェックとは? おすすめの理由~口座開設の方法まで徹底解説!

②ウォレットの作成

ウォレットは仮想通貨のやり取りに必要なもので、仮想通貨のお財布という認識で問題ありません。

様々なウォレットがありますが、MetaMaskというウォレットが現在一番利用されているウォレットになります。

MetaMaskについては、コインチェックが書いた記事が分かりやすいので、下のボタンからご覧ください!

MetaMaskについてはこちら

③OpenSea(プラットフォーム)に登録して商品を購入

OpenSeaとは、NFTアートを買うためのマーケットプレイスです。

「メルカリやAmazonのNFT版」と思っていただければ問題ありません。

下記におすすめのサイトを掲載しておきますので、ぜひご覧ください!

OpenSeaについてはこちら

最後に

この記事を最後まで読んでくださりありがとうございました。

まだまだ魅力的なNFTクリエイターの方は大勢いますので、どんどん紹介していければと思います。

また、紹介して欲しい方がいましたら気軽にご連絡いただければ幸いです。

これから様々な記事を投稿していきますので応援よろしくお願いします。

非公開: 暗号資産の確定申告の方法は? 確定申告や税金の悩みを解決!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA